藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2011年03月03日

私の記憶が正しければ、この方に初めてお会いしたのは、今から30年前、東京から秋田に帰った年の7月だったと思う。

場所は秋田パークホテル。
優しい眼差しながらどこか凛としていて、笑顔の奥から一瞬にしてこちらを見透かしてしまいそうな姿に、さすが秋田民謡の女王と言われる人だと思った。
ご主人の民謡日本一、佐々木常雄先生にアトラクションでの伴奏を依頼された時の事で、決して軽く無い、どっしりとした安定感のある歌い方が、女王の名を裏付けていた。

お亡くなりになってから随分経つが、今だに秋田では人々の心の中に有り、民謡を志す者のバイブル的存在。
何度かご一緒した後に56年の1月から3年間、私は秋田民舞団、『五星会』でこの先生の専属伴奏を努めさせて戴いたが、ご一緒する度に、女王と言われても常に稽古を怠らない姿には感服し、その後の私の三味線生活に大きな衝撃と計り知れない財産を与えてくれた様な気がする。

芸の虫と言われた長谷川久子さんとは一体どんな方だったろうか?思い出して見たい。




つづく

関連記事