藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2010年10月11日



昨日の朝の杭州の気温は20度と心地良い。
ここ杭州西湖国賓館は入口に兵士が門番で立っており、一台一台厳しいチェックを受ける。
中のスタッフも全て人民解放軍兵士。
西湖のほとりの広大な敷地と最高のロケーションのこの場所を、別荘にしていた毛沢東の権力の大きさを垣間見る事が出来る。


バスは8時20分に出発、一路上海万博会場へと向かう。
途中、公安がバスに乗り込んでパスポートチェック、セキュリティーは万全だ。
11時30分に会場到着、中国館の団体予約をしておいたが、それでも2時間並んだ。
並んでいる時にスピーカーから、演奏する予定だったジャスミンの花が流れて来て、残念さが一層と込み上げて来た。

夕食の時間が5時半に設定されてたので、結局見れたのは中国館一箇所だけ。
中国館は地元なので、当然ながら1番人気と聞いて期待をして入ったが、2時間も並んだ割にはう~ん???
せっかく来たので日本館や他のパビリオンも見たかった。


夕食はテレビ塔側から外灘(がいたん)を眺めての食事、丁度同じフロアで結婚式が行われていて大変賑やかな夕食となった。
こちらの結婚式では御祝儀はどうするのだろうとガイドに尋ねたら、2000元から3000元と言うから、日本円で今のレイトだと28000円から42000円位になりあまり日本と変わらないかそれ以上だ。

夕食終了後に船で夜景観賞、100年程前の重厚感溢れる建物がライトアップされ、これぞ上海!
対岸のテレビ塔側は反対に近代的な高層ビルが林立し、今の中国の急激な発展を物語っている。


さあ今日は最終日、
市内観光で、森ビル、博物館等を廻り帰路に着く。
そろそろ日本が恋しくなって来た。

関連記事