藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2010年09月22日

観たかった『松平 健』、主演の名古屋御園座、『忠臣蔵』を観て来た。
全体を通して大満足!
まず、1部のお芝居、時間の関係上、内蔵助放蕩場面、家族と別れる場面、瑶泉院への暇乞い場面、内蔵助以下17名が大名家へお預けに成ってから裁定が下され切腹迄の場面と、大きく分けて4場面。

さすが!、松平 健。時代劇をやらせたら天下一品!
脇を固める俳優陣も、文句無しの演技、暫くぶりに良い芝居を見せて戴きました。

そして2部の『歌う絵草紙』は豪華絢爛、まるでブロードウエイのミュージカルを江戸時代の侍と腰元が一緒に演じてる様。

何となくミスマッチの様だけど観る者を楽しませてくれる。
藤秋会の公演で演出を手掛ける立場として、大変楽しめたし、大いに勉強に成りました。
映画も良いけど、やっぱり劇場は役者がすぐそこにいる。
手にとる位置にいるところが良いし、客との一体感が良い。



公演は26日まで。
是非お出かけ下さい。私のオススメです。
絶対に損はさせません。

関連記事