藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2010年08月06日
津軽三味線名古屋大会で審査員7人で六段を弾いたが、一緒に聴いていた訓栄と思わず、『六段もきちんと弾くといいなあ』と顔を見合わせた。

しっかりした技術を持った方々が演奏すると、簡単そうに見える曲も良く聴こえる。

一見、六段と言えば、じょんからの基本曲で簡単だと思われがちだが、きちんと弾くとなると中々難しい曲だ。

ツボも19の下ツボまで使うし、しかも3の糸は3のツボから19まで一つずつ移動して行くので、ピンポイントで移動出来ないとツボを外しやすい。

考える余裕が全く無いので、無意識に次のポジションへ正確に移って行く事が要求される。

この六段がきちんと正確に弾ければ五大民謡も攻略しやすい。

従って六段をしっかり練習しよう。

関連記事