藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2010年07月17日

知り合いの日本舞踊家『西川真乃女』さんと、彼女が客員教授を務める『北京中央民族大学舞踊学院』学生の、日中文化芸術国際交流の祭典が、9月28日に愛知県芸術劇場、大ホールで夕方6時から行われる。

中央民族大学舞踊学院は中国の『国家重点大学』として、同国の舞踊分野リーダーを養成しており、数々のコンクールでも受賞歴が有る、世界でもトップレベルの集団。
今年10月には、国家主席とイタリアを訪問すると言う。

興味の有る方は是非御覧戴きたい。
観覧料は、指定席6000円、自由席4000円

チケットぴあでお買い求め戴けます。
Pコード(406ー061)

関連記事

岡山教室の森本君。
彼は岡山FMレディオMOMOの営業兼プロデューサー。
入門してかれこれ10年になるが、いつも明るく笑顔が素敵な青年だ。
現在、じょんからの旧節に挑戦中。
フレーズの簡単なのは何年か前にやったが、それよりも手の込んだパート2を勉強中。

しかし、これが中々難しい。
リズムに特徴があり、それをマスターするのに時間がかかる

『タアッカッチ、タアッカッチ、タアッカッチ』
口三味線でリズムをとると、大体、こんな感じで、後ろ撥で打ってすくって、前で止める。

難しいので簡単には出来ないが、とても良い曲だ。


昨今、各地で津軽三味線大会が開催され、若い方々がそれを目指すのは、大いに結構な事だが、津軽三味線は曲弾きだけでは無いことを忘れないで戴きたい。


味わいが有り、面白い曲が沢山有るのだから。

関連記事