藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2010年05月18日
藤秋会30周年記念公演から早、一週間が過ぎ感動醒めやら無い今日この頃ですが、東京の訓慧(さとえ)さんから次の様な感動メールが届きましたので、ご紹介したいと思います。

実はメールは多くの方々から沢山戴きましたが、ヤラセに見えてもまずいと思い紹介を控えていましたが、余りにも嬉しい内容だったので、勝手ながら披露させて頂きます。



三十周年記念公演大成功おめでとうございます。
演奏会のお疲れはとれましたでしょうか?
体調の事もあって全曲出場は無理かと思っておりましたが、厳しくも熱心な御指導に導かれて、不出来ながら全曲出場させて頂き感謝申し上げます。

千葉の友人はご承知の如くの感動ぶりで、田舎の友人は身震いして鳥肌がたった、東京からの妹はすごい会だ!、体大丈夫?と気使い、田舎の妹たちは、あの入場料で申し訳ない程の感動と喜びをいただきましたと。
次回はバスを仕立てて行くから、細々とでも良いから続けてねと。
孫に、感想聞かせて?と言ったら、電話の向こうから、興奮しちゃって楽しかったよ、おばあちゃん凄く格好良かったよと私を気遣う声。

ゴスペルも楽しかったよ。
ゴスペルは聞いていたら段々といいニオイがしてきて、一緒に歌いたくなっちゃった、と即答でした。
五歳になったばかりですが、最後まで聞いていてくれました。
音が好きなんですね、きっと。

以上感想まとめて見ました。
二十六日稽古宜しくお願いします。

訓慧



心温まるメールありがとうございました。

関連記事
テーマ:津軽三味線
ジャンル:音楽

昨年の11月の五木ひろし45周年記念御園座特別公演の際、往年のフォーク歌手の皆さんが日替わりゲストとして出演。

その中で只一人4日間出演したのが、永井龍雲さん。
この方の『ルリカケス』が楽屋のモニターから流れて来た時は、なんと良い歌なんだろうと思い、思わず着替えの手を止め聴き入ってしまった。
不思議と涙が溢れて来て止まらない。

人は誰にでも母親がいる。
その母親に対する感謝と愛情を切々と語る歌声は、普段中々顔を見せられない母親を思い出させ、感謝するにこれ以上の歌は無い。

はからずも今日は母の日、500人を越す出演者と2500人のお客様にとって、嫌が応でもそれぞれの母を思い出させ、感謝する最高の母の日にしたかった。

耳から聞くだけでなく、目で母親を思い出して頂こうと、スクリーンに歌詞と優しい眼差しで客席に微笑む母の姿を映し、思い出させるには最高の絵を作って頂いた。

こちらの思いは見事にお客様に伝わり、多くの方々がそれぞれの母を思い出し、ハンカチで目頭を抑えていた。
良かった。
とにかく良かった。
さあこれからいよいよ終盤だ。



つづく

関連記事
テーマ:津軽三味線
ジャンル:音楽