藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2010年04月01日
あれは今から五年前、五木ひろしさんの40周年記念大阪新歌舞伎座公演の際、一ヶ月間ホテルに滞在した。

五木さんは特長が有り、芸能人も良く真似する方が多いが、もしかして私にも出来るんじゃないかと思い、幸い毎日本人を見れるので、一所懸命練習していた。

ある日の事、一階でエレベーターを待っていたが中々降りて来ない。
エレベーターのドアを鏡に一心不乱に練習していたら、突然ドアが開き、あっ!五木ひろし?と言って笑って出て言った。
おっ!俺も似てるんだと思わず嬉しく成った。

そして先日、相生の駅前に泊まった際の事。ビジネスホテルだったが、エレベーターの前がラウンジに成っていて、朝食をそこでとれる様に成っている。

そこのエレベーターは入ると前面が鏡になっているので、朝降りる際、久し振りに鏡に向かい五木さんの顔を真似てみた。
左手でマイクを持ち、右手で拳を作り、顔は少し斜に構え目を細めると出来上がり。
うーん、中々の出来だ。

何気ない顔でエレベーターを降りたら、真ん前のテーブルに若い女性が三人座っていて、なにやら、雰囲気的に私を見て笑っている。何だろう?と思いつつ食事を持って座った所が、エレベーターを正面に見る席。

何気なくエレベーターのドアの上を見たらテレビが有って、何とエレベーターの中が丸写し、モニターに成っていたのだ。
そうとも知らず、夢中に成って五木ひろしを真似してた私は、一気にみんなの視線を感じ、撃沈、一巻の終わり。


今日は4月1日、エイプリールフールだがこの話は本当の話ですよ。
モニターされてるとは知らなかったなあ。

関連記事