藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2010年03月29日


昨日姫路の稽古だったが、以前、世界遺産の姫路城が平成の大改装に入るので、その勇姿が5年間見られなくなるとのご案内をした。
春休み期間中でも有り連日、姫路の町は大賑わい、大変な事になっている。
お陰で私が毎月泊まるホテルも一杯で予約が取れず、何処を探しても満室、結局今月は新幹線で姫路の一つ岡山寄り、相生の駅前に泊まるはめに成ってしまった。

人間とはおかしなもので、普段、いくらでも見れるものを、もう見れなくなると思うと、見たく成り一気に押しかける。
それもぎりぎり、間際に成らないと動かないから混雑する。

でも考えて見れば、もう見れなくなるから価値が上がるのであって、もうすぐ見れなく成るものを、やっとの思いで見る事に満足の度合いが増すのかも知れない。
いずれにしろ見たい方はまだ間に合いますぞ。


さて肝心のお稽古と言えば、欲を言えばきりがないが、皆さん一所懸命に頑張っていて、各地域の出来栄えを組み合わせて行けば、やっと全体像が見えて来た感じ。
三味線は姫路城を見に行くのとは違って、泥棒が家の中に入って来てから、縄をなっていたのではとても間に合わない。

コツコツ根気良く日々精進するのみ、まさしく自分との戦いだ。
そしてその戦いに勝てなければ、到底お客様を満足させる事など出来ない。
泣いても笑ってもその日はやって来る。



どうせだったら笑ってその日を迎えたいものだ。

関連記事