藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2010年01月27日
秋田は民謡王国と言われ、不動の地位を現在もゆるぎ無いものにしている。

理由は良い唄が沢山有る事、日本一のタイトル保持者が全国で群を抜いて多い事、この事に付いては以前のブログでも紹介した通りだが、秋田民謡界では二位も最下位も同じ評価で、一位のみが認められる厳しい現実が有るからだ。

しかしながら、この狭い地域でそれを生業にして行くには競争が激しく並大抵の事ではないし、限られたパイを皆必死に奪い合っている様にさえ見えた。

故郷とは言え、これは大変な所に来てしまったなあ。
そんな所に落下傘部隊の如く降り立った私は、最初こそ珍しがられたが、生意気盛りのせいも有ってか、段々と叩かれる様に成った。

そんなおり、群馬県の沼田市に公演に行った際、終演後の打ち上げで前に座った、地元の民謡グループで三味線を弾いた人が、是非に習いたいと言う。
帰って直ぐに電話があり、何とか群馬まで教えに来て欲しいと言うので、行く事にした。

この教室が県外進出の第一歩に成った。

七五三退社から一年後の事で有る。

つづく

関連記事
テーマ:津軽三味線
ジャンル:音楽