藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2009年12月20日
20091220091447
『ホワイトアスバラ』と言えば北海道でしょうと思われているが、我が秋田にその本家をはるかに凌ぐホワイトアスバラが有る。

先日の世界一の高級納豆、二代目福治郎納豆と同じ場所、秋田県横手市大雄でそのホワイトアスバラは作られている。

生産者は斎藤好(よしみ)53歳、手間隙が半端では無くその生産には大変高度な技術を要するそうだが、此処のは北海道のに比べると歯ざわりが良く断然甘味が違う。

何とその素材の良さから東京のミッシェランの三ツ星レストランでも使われているという確かな品。

是非一度ご賞味有れ。
0182ー52ー2638

関連記事
テーマ:イタリアン
ジャンル:グルメ
20091220061532
20091220061530
朝一で秋田を出て鹿児島に着いたのが昼前、飛行機でも半日がかり、やっぱり遠い。
しかし、私を必要として待っていてくれる人がいると思うとその遠さを忘れさせてくれる。

稽古納めの後は薩摩おごじょ(美人)の心こもった手料理で忘年会。
鹿児島は美味しい物が多く特に私の大好物がこれ、『薩摩地鶏の刺身』
秋田ではきりたんぽ鍋には欠かせない比内地鶏が全国的に有名だが、鶏の刺身を食べる習慣はほとんど無い。
鹿児島で初めて食べてから大フアンに成ったが、九州全域では魚の刺身よりも良く食べると言うから、何か体に良い特別な理由でも有るのだろうか?

そして何と喜界島では『ヤギの刺身』を良く食べると言うではないか。
えっ、ヤギの刺身?
これには驚き!初めて聞いた話だが処かわれば品変わるとは正しくこの事だろう。
次回是非挑戦して見たいものだ。
和やかなうちに丸11年の教室が終了。

今年もお世話に成りました。 合掌

関連記事