藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2009年12月02日
rurikakesu.jpg

昨日は主力、『藤秋会IWAKI』メンバーの稽古、終了後に忘年会、御園座で大変お世話に成った制作の保利さんも参加。
二次会ではお決まりのカラオケ。
多分カラオケには必ず行くだろうと思い、この歌を初披露するためにひそかに練習していた。

そう、五木ひろし御園座公演で4日間ゲスト出演した『永井龍雲』さんの『ルリカケス』あまりの素晴らしさに楽屋で最初に聴いた時の感動は今も変わる事無く、益々好きに成った。

最初はキーが合わなく苦戦したが、カラオケのキーより私は四つ下げてOK、デビュー戦としてはまずまずの出来栄え。
それぞれが持ち歌を披露し盛り上がりは最高潮。

しかし残念乍、楽しい時間はあっと言う間に過ぎ、2時間程経過したら、訓峯が電車の時間だと言うので先に帰り、そのうち保利さんも最終電車が近いと言う。
私が最後に再び『ルリカケス』で締める事に。

そこで異変が訪れた。
1番を歌い終えた頃に総師範、訓栄の様子がおかしい。
何と!泣いているではないか。
二番で更にその目は真っ赤に成り三番が終わる頃には号泣状態。
他の皆も泣いている。

やっぱりこの歌は良い。
人の心を打つ素晴らしい歌だ。
私が歌ってもこれだから来年の30周年で本人の歌を聞いたらいったいどう成るのか?
今から心配している。

こうして忘年会は感動の幕切れと成りました。
今年の忘年会は始まったばかり、この歌で何人泣かせれるかが師走の私の大きなテーマに成りました。

ありがとう、ルリカケス

関連記事
七五三に入社して間もなく二年に成る。
この頃に成ると稽古の甲斐有ってか大分この世界にも馴染んできた。
贔屓のお客さんも結構出来て、店が終わると必ずと言って良いほど食事に誘われた。

相撲のタニマチと同じで芸人を連れて歩くのも一種のステイタスだった時代だ。
当時、七五三の閉店は11時、民謡酒場では、七五三が一番早く終わるので、お客さんと一緒に他の店を覗いて三味線談義に花を咲かせた。

今は津軽三味線を愛好する人が多いからかも知れないが、残念乍、どれを聞いても、余り特徴が無い。
したがって、誰が弾いているかもわからない。

当時、津軽三味線で名前の通った人と言えば、
沢田勝秋
藤田淳一
五錦竜二
高橋祐次郎
佐々木孝
小山 貢
成田光義
福士豊勝
佐々木光義
木田林松次
福居展大
田村 豊
などで有るが 、私が得に好きだったのが、藤田淳一、沢田勝秋、佐々木孝の三人。

それぞれに特徴が有りワンフレーズ聞けば誰が弾いてるのか瞬時に判別出来た。
それは私が七五三を離れた以降何年も変わらなかった。
三味線は個性が出るし聞けばその人の性格まで分かる。
だからこそ面白いのだ。

日頃、大都会のビルの中だけで生活をし、津軽をその目で見た事が無い人に本当の津軽三味線は弾けない。

当時の名手は津軽を知り尽くしているからこそ、何とも言えない情感を出せたのだろう。
まるで目をつむれば、そこに津軽が有る。
津軽の情景が一面に広がる様な三味線で有った。

ナンバーワンで無くても良い。
オンリーワンで自分にしか出来ない特徴を持てば良い。

私の考え方が変わったのは丁度この頃からである。

誰にも出せない音が出来ないものか?
試行錯誤が始まる。

つづく

関連記事