藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2009年10月31日
リハーサル
昨日五木公演リハーサルが無事に終了した。幹部は10時半に楽屋入り、最後の打ち合わせを終え、12時からホールで出演者の顔寄せ。
御園座、長谷川社長のご挨拶に続き、五木さんが、一ヶ月宜しく頼むとの趣旨で、ご挨拶。
『気が引き締まる』

2時過ぎから、会員が続々楽屋入り、4時に6階の稽古場兼、男性控室に集合。
本日は総勢、47名。

初めての出演者が三分の一程いるので、皆さん緊張気味。
一ヶ月間の注意事項に続き、稽古開始。
40公演全てメンバーが違うのでクオリティーを維持するのに苦労するが、今までもやって来た。

現在、客観的に見てもこの人数とこのクオリティーで、一ヶ月やり遂げられる所は、全国で、藤秋会しか無いと言い切れる。
その事を誇りに持ち、それゆえに絶対、手綱は緩めない。
『慢心が自滅に繋がる』

5時半から舞台上で五木さんとリハーサル。今回の出番は、1部、ラスベガスから和のコーナーに変わる場面に出演。
五木さんのソロから始まって、藤秋会の大合奏、そして衣装替えした五木さんが再び登場し、一緒に弾く。
音響等の多少の直しが有ったものの、OKを頂き終了。
五木さんもかなり上手に熟している。

楽屋に戻り、初日の注意事項を再度、皆さんに伝えリハーサル終了。
御園座制作の谷本取締役から、幹部と会食をしたいとの電話があり、演出の宮下さん、舞台監督、音響、照明のチーフ、総勢15名にて、近くの中華料理店、天山で多いに士気を高めた。

演出の宮下さんは、NHKの紅白唄合戦の演出を担当されている大変な方。
以前から目をかけて下さっており、今回もお褒めの言葉を頂いた。
いよいよ明日、初日の幕が開く。

関連記事