藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2009年10月15日
20091015092144
明日から第49回、(財)日本郷土民謡協会主催、郷土民謡民舞全国大会が、東京九段の日本武道館に於いて三日間の日程で開催される。

先日のブログにコメントを頂いた方が、藤秋会の演奏を中々聞く機会が無いと有りましたが、17日の土曜日、4時過ぎに器楽合奏コンクールに出演しますので、藤秋会ファンの方は是非足を運んで頂き、応援して頂ければと思います。

皆さんの応援が力になります。

関連記事
20091015063611
五木ひろし45周年記念御園座特別公演まであと二週間と迫ってきた。
今日は五木さんとの打ち合わせで東京に行く。

三味線の手合わせも、との事なので楽器を持参だ。
中々普段は近寄りがたい方なので些か緊張するが、実際お会いして話をしてみると、こちらをたててくれてるせいか、割と気さくに話して頂ける。

しかしそれに調子に乗ってしまったらいけない。
間違いなくクビに成る。

何分にも相手は紅白唄合戦のトリを何回も務めた事の有る大スターなのだから。
公演中でも何かお話が有っても直接こんにちは、とはいかない。

まずマネージャーに、用件を伝え、許可を頂ければ、楽屋の入り口で付き人に話をし、五木さんの了解が頂ければやっとお目通りが叶うので有る。
関所を二回通過しないと、直接はお話の出来る方では無いのだ。

私には到底真似の出来ない事だが、自己管理が徹底していて、大変自分自身に厳しいお方。
最もそうで無ければ何十年もトップを走り続ける事は出来ないだろう。

私なんか稽古が終わればたちまち素に戻ってしまうが、五木さんが本名の『松山和夫』に戻るのは一体いつなんだろう?

きっと御家族と一緒の時だけかも知れない。
スターは孤独なんだな。

孤独は辛いし、息が詰まって絶えられなく成る。
しかし、 孤独に絶えられなければ一流には成れないのだ。

一流からは学ぶ事が沢山有る。

関連記事