藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2009年10月
リハーサル
昨日五木公演リハーサルが無事に終了した。幹部は10時半に楽屋入り、最後の打ち合わせを終え、12時からホールで出演者の顔寄せ。
御園座、長谷川社長のご挨拶に続き、五木さんが、一ヶ月宜しく頼むとの趣旨で、ご挨拶。
『気が引き締まる』

2時過ぎから、会員が続々楽屋入り、4時に6階の稽古場兼、男性控室に集合。
本日は総勢、47名。

初めての出演者が三分の一程いるので、皆さん緊張気味。
一ヶ月間の注意事項に続き、稽古開始。
40公演全てメンバーが違うのでクオリティーを維持するのに苦労するが、今までもやって来た。

現在、客観的に見てもこの人数とこのクオリティーで、一ヶ月やり遂げられる所は、全国で、藤秋会しか無いと言い切れる。
その事を誇りに持ち、それゆえに絶対、手綱は緩めない。
『慢心が自滅に繋がる』

5時半から舞台上で五木さんとリハーサル。今回の出番は、1部、ラスベガスから和のコーナーに変わる場面に出演。
五木さんのソロから始まって、藤秋会の大合奏、そして衣装替えした五木さんが再び登場し、一緒に弾く。
音響等の多少の直しが有ったものの、OKを頂き終了。
五木さんもかなり上手に熟している。

楽屋に戻り、初日の注意事項を再度、皆さんに伝えリハーサル終了。
御園座制作の谷本取締役から、幹部と会食をしたいとの電話があり、演出の宮下さん、舞台監督、音響、照明のチーフ、総勢15名にて、近くの中華料理店、天山で多いに士気を高めた。

演出の宮下さんは、NHKの紅白唄合戦の演出を担当されている大変な方。
以前から目をかけて下さっており、今回もお褒めの言葉を頂いた。
いよいよ明日、初日の幕が開く。

関連記事
五木ひろし45周年記念、御園座特別公演に出演が決まってから、一年余り。
月日の経つのは早い。

今日は『ゲネプロ』いわゆる『通し稽古』の日だ。
座長の五木さんは今朝、東京から楽屋入り。

私以下、最高幹部は10時半に楽屋に入り会員の受け入れ最終チェック。
12時から出演者顔合わせ。

その後、3時半に会員集合、本日のリハーサル参加者は46名。
稽古をした後、夕方から、一部の通し稽古に入る。

『最初が肝心』しっかりチェックして一日の初日に備えたい。

関連記事
今週は連日、五木公演の準備に追われている。
御園座との打ち合わせ、シフトの確認、皆さんの受け入れ、楽屋の事、県外から来る人の宿泊等、やることは山ほど有る。
先程、明日の幹部の集合時間をメールしたら、訓成はまだ起きていて、宿泊者のシフトを組んでいると言う。

小さな子供が二人もいるのに、ご苦労様だ。私も、着物もまだ準備してないし、何よりも、今日は頭を染めに行く。
出演する会員には、見苦しく無い様に、白髪禁止令を出しているので、私も染めない訳にはいかない。

50を過ぎた頃から多く成り、かなり目立つように成ったので、今回は初めて、染める事にした。
明日は10歳位、若返った姿をお目にかけれるかな?。

いよいよ始まる

関連記事
20091028073918
此処の舞台を踏めたら死んでも良い。
芸能人の中ではそんな事を真面目に言う人も少なく無いのが、中部を代表する劇場『御園座』で有る。

今年で、確か110年の歴史が有る。
日本の三大劇場と言えば、東京の明治座、大阪の、新歌舞伎座、そして名古屋の御園座と言われている様に、此処は、『商業演劇の殿堂』大変な所なのだ。

私は秋田なのでその感覚がさっぱり解らなかったが、幾ら立派な市民会館とか文化会館の様なホールでも、格が、一枚も二枚も違うので有る。
私が初めて御園座に入ったのは今から20年程前、お弟子さんに連れられて、歌舞伎を見に行った。

当時、歌舞伎には興味が無く、全く知らなかったので、芝居はさっぱり解らなかったが、明らかに何処か違うと思ったのは、来ているお客様がほとんど、盛装している。
男性はジャケット、女性はいかにも高そうな大島を、着ている。
とにかく此処は別世界だと思ったのを、今でもはっきりと、記憶している。

それ以来、いつかは此処で、『御園座』で公演を打つ事が夢と成った。
そう、まさしく此処、御園座は『夢舞台』なので有る。

あの、天才、美空ひばりさんが、一目置いたと言われる御園座。
民謡界初、憧れの御園座でついに、夢が叶ったのは、今から9年前、ミレニアムと言われた、2000年の秋であった。
つづく

関連記事
民謡会館七五三に入社して丁度一年が経った頃、七五三に有る人が津軽三味線で入って来た。

名前は太田元。
青森県は竜飛岬の今別町の生まれ。
なんとこの人は私の海上自衛隊時代の上官だった。

これも何かの縁だと思うが、私が二番目に赴任した艦の名前が『つがる』
その艦に太田さんはいた。

しかも太田さんの弟が私と同期で最初に乗った艦が同じで有った。
私が津軽三味線を弾くのは弟から聞いてたらしく、つがるに着任するのを楽しみにしていたと言う。

着任早々、『お前が加藤か、弟から聞いているぞ、何か困った事が有ったら俺に言え』。その後、何かに付けて気を配ってくれた。

そんな私に刺激され、彼も三味線を始める事に成る。
その後、私は進路を悩み抜いて、どうしても三味線が捨てきれず、この世界に入る事に成るが、まさか彼が後を追って来るとは夢にも思わなかった。


人生は不思議で有る。以前上官だった人が、今度は後輩に成る。
そんな太田さんとは、まるで兄弟の様にいつも一緒だった。

朝から晩まで三味線付け。 酒を飲んでも三味線の話ばかり。
朝まで酒を酌み交わし将来の夢を語った。

もう30年以上前の話だ。

そんな太田さんは、現在、太田家元九郎 の名前で落語協会に所属し寄席で津軽三味線を弾いている。

たまたま、偶然にも一昨日、鹿児島の稽古が終わり、皆さんと食事をしていたら、テレビで『真打ち揃い踏み』と言うイベントが種子島で有るとのコマーシャルが流れていて、太田さんも有名落語家と来ると言う。

昔の仲間が、頑張っているのはとても嬉しく励みに成る。
『頑張れ元九郎』

つづく

関連記事
6月28日から始まった、五木ひろし45周年記念御園座公演に向けての直弟子、孫弟子会の集中稽古が昨日の鹿児島を最後に全て終了した。
四ヶ月、長かった。

しかし内容の有る稽古が出来て、40公演、何とかクオリティーを維持して出来ると確信している。

長期公演はこれで五回目に成るが、回数を重ねれば重ねる程、初心を忘れてはいけない。

テレビで見る五木ひろしさんは、余りにも偉大で、やっぱり大スターなのだ。
その方が評価してくれた、我等『藤秋会』。

とにかく自分達の出来る最善を尽くそう。
それが新たなる藤秋会の一歩に成ると信じて。

今週は準備に追われる。
何しろ延べ1800人を出すのだから、やる事が山ほど有る。
金曜日には、通し稽古、そして一日の日曜日に初日を迎える。


あと一息、頑張るぞ。

関連記事
091024_121517.jpg
昨日松山駅に迎えに来てくれたのがこの二人、晃輝と岡山の訓友。
この二人は歳が一緒で気が合うらしく、常に岡山と愛媛を行ったり来たりしているらしい。

昨年のカーネギーホール公演の際も、本隊とは別にアメリカに渡ったが、皆の心配をよそに、ちゃんと日本に帰って来た。
若いと言う事は素晴らしい。

松山駅に降りたら、『瀬戸の花嫁』が流れていて、何処かしら、古き良き時代にタイムスリップした感じでほっとする。

091024_215644.jpg
訓晃会の孫弟子稽古は、松山駅から20分程走った隣の伊予市のウエルピア伊予で行われた。
訓晃の指導宜しく、前回からかなりグレードアップしててビックリ。
この四国の地でもしっかりと藤秋会が根付いている事を実感。
とても嬉しい。

此処の会は芸達者が多いので、夜の宴会がまた楽しく、思わず時間が経つのを忘れる程だ。
皆さん良い方ばかりで、会主、訓晃の魅力をまた一つ垣間見た。

五木公演には沢山の方々が、わざわざ名古屋に来てくれると言う。
感謝をしながら、今日は一路、鹿児島に飛ぶ。

関連記事
テーマ:最新音楽ニュース
ジャンル:音楽
20091024094246
20091024094243
20091024094241
心配した風邪も、今朝は昨日よりは大分楽だ。
今日は久しぶりに四国松山に行く。
岡山から3時間弱の列車の旅だ。
ここ岡山駅は四国への玄関口で乗車案内を見ても何だか異国へでも行く様な感じ。

それもそうだ。橋が架かったとは言え四国は海の向こうの島なのだから。
新幹線は良く利用するがローカル線の特急列車は、暫くぶりに乗る。
しかし、これが実に良い。

新幹線は余りにも早過ぎて景色をゆっくり味わえないが、この列車は丁度良い速さだ。
列車は岡山発、9時24分発、『しおかぜ5号』。
発車後、程なくして瀬戸大橋を通り、海岸線をひたすら走る。

右は瀬戸内、大分前になるが、愛媛の今治から広島の三原にポンポン船で渡った事が有った。
天気は快晴、べた凪で、しかも客は私一人の貸し切り。
ふうてんの寅さん状態だ。

瀬戸内海に、こんなにも島が多いとは知らなかったが、とにかく無数に有る。
昔、小柳ルミ子が唄って大ヒットした唄に『瀬戸の花嫁』と言う唄が有ったが、どの島にも瀬戸の花嫁がいそうで私を手招きしてるようだ。

そんな瀬戸内を眺めながら一路、伊予の国松山へ。

関連記事
20091023102142
岡山藤秋会の訓友さんは、何時も笑顔を絶やさない明るい方です。身体は決して小さい方では有りませんが、神経は実に細やか。

先日のIWAKI岡山コンサートの際も、会員と共に率先してお手伝いをしてくれた。
お陰でコンサートも大成功。

山陽新聞社の社長もお見えに成っていて大変喜んで頂いたそうです。
これも皆さんのご協力の賜物、心から感謝致します。

今度御園座で行われる『五木ひろし45周年記念公演』では40公演全て出演すると言う。

旦那さんとお嬢さんは大丈夫かと聞いたら、素晴らしい機会を頂いたのだから、家の事は心配するなとか。
何と理解ある家庭なんでしょう。

持ち前のパワーと明るさで楽屋に花を咲かせて下さいね
期待しています。

関連記事
不覚にも風邪をひいたらしい。
昨日は岡山泊まり。
稽古を何とかこなし、訓友さんに薬を頂き、ホテルでダウン。
今朝は多少良いような気がするが、多分気のせいだ。

普段おもいっきり健康なだけに、しんどい。よりによって昨日から月曜日までのロードだ。
五木ひろし公演前の最後の仕上げなのでしっかりやらなくては成らないがテンションが今ひとつ。

健康の有り難さが身に染みるなあ。
でもやることはやらなければ成らないので、気を引き締めて今日も頑張りますヨオー

関連記事