藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2009年09月01日
20090901162028

さすがに鹿児島まで来ると遠く感じる。

『思えば遠くに来たもんだ。』
武田鉄也の歌に有ったが、まさしくそんな気分だ。

地図で見ると秋田と鹿児島は端と端。
来る度に実感する。

薩摩藤秋会も、11月の五木ひろし御園座公演に向けて、エンジン全開。
8割方、仕上がって来た。

全国を歩き、それぞれの場所で、徐々に仕上げて行き、御園座で組み立て、一つの完成品を作り上げた時の満足感が、たまらない。


皆、 同じ目標が有るから一つに成れる。

その時の達成感。
皆の満足げな笑顔が見たいから頑張れる。

そして終われば又、散り散りに自分の場所に帰って行く。

次に会える事を約束して。


それが藤秋会だ。

関連記事
今日の名古屋は暑い。
まだまだ地域によっては残暑厳しいと思うが、何と言っても暑い時に旨いのが生ビール。

稽古の後には又格別だ。

異常に過熱した胃袋を瞬時に冷却するには、これに優る物は無い。
そこでビールを愛する皆さんに余り知られていない事実をお教えしましょう。

生ビールと言えば中ジョッキーが定番だが、
『あれ? 何だかこのジョッキー減りが早いなあ?』
と思った事の有る人は意外に多いと思う。

実はこれは減りが早いのでは無く、最初から量が少ないのだ。

私は有る時、なんと、中ジョッキーの種類が形や内容量により、20種類以上も有る事を発見してしまったのだ。

つまり、店の戦略により、値段が同じでも容器によって内容量がバラバラなのだ。

良く居酒屋なんかで、安い!生中 380円などと書いて有る。

『おっ!この店安いなあ。』

安いと思うから飲みたくなる。
しかし、何だか無くなるのが早い気がするぞ????

これは何の事は無い。
最初から量の少ない入れ物を使っているのだから、安くて当たり前。
ちっとも安く無いのだ。

しかも脳が安いと錯覚してるから何となく得した気分に成り、その分、数を飲んじゃうから、会計の時、いつもより高かったりする事に成る。

これは店側の経営戦略なのだ。
特に異常に厚みが有ったり上げ底には気をつけたい。

これを私は”生中のからくり”と呼んでいる。

そこで一句。

「気をつけよう ビールの中身と 値段には」

日本生ビール研究会

関連記事
20090901063038

知恩院を後にし、間もなく平安神宮に到着。

既に凄い人数が開門を待っている。

6時に開場
平安神宮本殿前に、特設舞台が組まれていてこれ以上の舞台背景は見た事が無い。、

6時半、定刻開演
200名を越えるゴスペラーズが舞台を埋め尽くし、最初の一曲目でその迫力に圧倒され、鳥肌がたった。

三曲目に綾戸智絵さんが登場すると客席が最高潮に盛り上がる。

やっぱり上手いなあ。
以前テレビで歌ってるのは何度か聞いた事が有るが、生は又格別。

小柄で痩せ過ぎではと言った方が良いかも知れない体から、どうしてあんなパワーが出るのだろう?


綾戸さんはアメリカに渡り大変苦労した方で、その辛い経験が、歌に説得力を増し、まるで彼女の壮絶な生き様を語っているよう。

魂の叫び。

やっぱりジャズは何処か津軽三味線と似ている。


森本レオさんのナレーションが歌を一層引き立て、クワイヤーが見事に綾戸さんのバックを務める。

アノインテッドは綾戸智絵さんが指導したゴスペラーズだが舞台所作も良く鍛えられていて、多いに勉強に成った。

綾戸さんいわく。

「私達がこうして歌えるのは皆さんが心の中で指揮をしてくれるから、 皆さんが歌わせてくれるんです」と。

お客様に感謝を忘れない姿勢がより一層、彼女を魅力的に大きく見せる。

来て良かった。

そして私の胸中には来年の30周年のステージがまた一つ見えて来た。

関連記事