藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ 2009年08月11日
20090811150216
20090811150214
秋田に帰って来た。

台風が東海地区に接近との事で、もしかして飛行機が、飛ばないのではと心配したが、定刻に小牧空港をテイクオフ。

それにしても、台風よりも今朝の地震にはビックリした。

グラッと来てすぐに目が覚めた。
以外と揺れが長く、ついに東海大地震か? と思ったくらい良く揺れた。

このまま揺れたら今日は、ひょっとしたら帰れないなあと覚悟した程である。

お盆だと言うのに、静岡では大分被害があったらしい。
本当に気の毒だ。

台風を心配し、地震の洗礼まで受けたが予定通り10時10分離陸。
11時10分、僅か1時間で、秋田空港に到着。

それにしても、この飛行機は良い。
大体、地方空港に飛んでいるが、自前の階段が付いているので、乗り降りが非常にスピーディーだ。

50人しか乗れない小型機だが、大型機に比べて速度も速いし、余り揺れない優れものだ。

そんな機内から見た秋田は、実に緑が多く、山々が綺麗だ。

空の青さも、都会とは違い、ぬける様に青くすっきりしている。

気のせいか空気まで、旨く感じるのは、私だけでは無いだろう。

お盆は県外に出て行ってる人々が帰省するので、他県ナンバーの車が目立ち、買い物に行っても、秋田弁の中に標準語が飛び交い、一時の賑わいを見せる。

しかし、お盆が過ぎれば、又、元のひっそりとした姿に戻り、日増しに涼しくなり、やがて秋から厳しい冬を迎えるのだ。

そんな秋田だが、四季がはっきりしているせいで、その時々の景色が抜群だし名所旧跡も多い。

美味いものも沢山有る。
挙げれば 春は数々の山菜料理。

夏は、稲庭うどんの冷やし麺が格別に旨い。
秋は、キノコ汁に新米、秋田こまちで作った、キリタンポ鍋。

冬は、温泉に浸かり、秋田美人のお酌でハタハタの焼き魚。
BGMは本場秋田民謡ときている。

これを贅沢と言わず、何と言うのだろう?

寒さ厳しい故、皆助け合い、人情に暑い。
そんな秋田に、皆さん。、
是非おいで下さい。 待ってますよ

関連記事
20090811052946
20090811052943
20090811052941
良く津軽三味線で最良の音を出す為の、駒の位置は?と聞かれる。

あくまでも私の経験と個人的な見解だが、胴の端から、指三本。

この位置が楽器として最もバランスの良い音を出してくれると思う。

これより上( 棹寄り)
にすれば、音が大きくなり、逆に下にすれば音が小さくなる。

曲調によっては、わざとどちらかにずらし、音量 音質を変化させる場合も有るので、決してその限りでは無い事を、頭に入れて欲しい。

あと、駒の位置がそのつど違うと、上駒( 棹の一番上の糸が乗っている金具 ) から駒までの距離が違ってくるので、ツボの位置が微妙にズレてしまうので、気をつけましょう。

関連記事