藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ ★藤秋会免許授与式
『目に青葉、山杜鵑、初鰹』
こんな言葉がぴったりの季節になりました。



好天に恵まれた連休二日目の昨日、名古屋熱田の『賀城園』で今年度の免許授与式が行われました。
出席者は受章者21名とお祝いに駆け付けた仲間75名ほどで遠くは鹿児島、岡山、兵庫、富山などからの受章者もいます。





特に今年は在籍25年、4半世紀を誇る6名の方々が大師範に昇格したことは更なる会の発展に大きな戦力になりそうで大変頼もしい限りです。
謝辞を述べたトヨタ藤秋会、訓道(さとどう)の言葉には25年間の歴史がずっしりと重く感じられ、ああこんなに頑張ってくれたんだなあと感慨深いものがありました。


皆さんの更なる飛躍を期待します。
共に頑張りましょう。

テーマ:津軽三味線
ジャンル:音楽



岐阜県高山市は今桜満開!外国からの観光客の多いこの街を更に印象付けるにはこの上ない演出だ。




昨日はそんな桜満開に合わせるが如くご覧の6名の方々が加藤流の免許を許された。
今や訓成会(さとなり)の主力として頑張ってくれている成浩(なりひろ)成信(なりのぶ)成藤(なりふじ)が準師範に昇格。
そして平畑好子、谷口純子、諸屋小夜子の三人が成駒(なりこま)成純(なりすみ)成扇(なりせん)を襲名。



会場となった萬代は80年の歴史を誇り高山では三大料亭のひとつで古い街並高山に相応しい重みを感じさせる。5時からの授与式に続き披露演奏もバッチリと決まりまずは一安心。
それぞれの表情には新たなる決意が感じられ今後の飛躍を大いに期待したい。
式典終了後には祝宴。懐かしいお弟子さんとも久しぶりにお会いできそれはそれは楽しい祝宴となりました。




皆さんを代表して成信が6名の決意を四文字熟語で表現。



『面壁九年』


達磨大師が九年もの長い間、壁に向かって座禅を組み遂に悟りを開いた事から、ひとつの事に忍耐強く専念してやり遂げることのたとえ。



頑張って下さい。
おめでとうございます。

テーマ:津軽三味線
ジャンル:音楽
来月名古屋御園座で行われる島津亜矢さんの公演が急遽決まった事で、当初5月27日に予定していた免許授与式を今月の29日に前倒し。
しかしゴールデンウイークに入る事もあって既に予定を組んでいて出席出来ない人もいる。



この方もその一人。
日本舞踊花柳流のお師匠さんとしてそのしっかりとした踊りには定評がある大阪教室の新田由美子さん(花柳鶴夢路)。
授与式当日は踊りの舞台が既に入っており、急遽昨日稽古終了後自宅にて免許状を授与した。



雅号名は本人の希望で加藤訓蘭(さとらん)
彼女の姿をそのまま表すような上品で良い名前だ!
日本舞踊同様に立派な師匠を目指し大阪の要として頑張ってくれる事を希望致します。



おめでとう。

テーマ:津軽三味線
ジャンル:音楽
今朝の秋田は穏やかで雲ひとつない快晴、いままでの春の遅れを一気に取り戻すような陽気だ。
今朝は朝から町内の一斉掃除、夕べ祝い事があり毎度の事ながら少しやり過ぎたのが堪える。



その夕べの祝い事とは名古屋で月末に行われる免許証授与式に先駆けて、秋田本部の授与式が稽古終了後に秋田市内山王のダイニング『光琳』で行われた。


新しく雅号を許されたのはご覧の



中鉢茂事、訓将(さとまさ)と


宮原早苗事、訓江(さとえ)


そして入門17年の藤秋会秋田本部長、訓信(さとのぶ)が師範に昇格。



当然一次会で終わる筈もなく、二次会は民謡日本一、『浅野孝子』さんのお店で所用で来れなかった方々も合流。
それぞれが新たな立場で益々精進する事を誓い合い夜のふけるまでの楽しいお祝いとなりました。



皆さんの前途を心から祈念致します。