藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ ★加藤訓「旨いもん発見」
久しぶりに旨い物をご紹介致します。
とは言っても高速の東名阪を利用する方に限りますので悪しからず。

三重県の鈴鹿に行くとき必ず立ち寄るところが、四日市東を過ぎて直ぐ、菰野のサービスエリアの、エクスパーサ。


以前ここの秋田比内地鶏の親子丼が旨いと紹介したが、最近はこれにはまっている。
フードコート、とんとん食堂のトンテキ定食。
キャベツのボリュームも良く、肉も中々食べ応えがあり、何よりも濃いめのタレが絶妙で旨い。


そしていつもは気付かなかったが、皿の下に小さな紙が置かれていて、その紙には桑名名物、『瑞宝』の『志ぐれ』の事が書いてある。
志ぐれとは蛤を醤油で煮込んだ物だが小さな器にちょこんと盛られている。


えっ!瑞宝?これはまさしく、訓栄会のお弟子さんで水谷茂さん経営の瑞宝の志ぐれだ。
トンテキの旨さと志ぐれの旨さでついご飯をおかわりしてしまった。


この辺の民謡で『桑名の殿様』と言う唄があるが、その歌詞に、桑名の殿様志ぐれで茶々漬け、とある。
殿様もこの志ぐれで茶漬けを食べたくらいだから美味しくて当たり前だが、熱々のご飯のお供に良し、お茶漬けに良し、最近ではコンビニのお握りにも入っている。

トンテキ定食もお勧めだが三重県を訪れる機会があったら是非この瑞宝の志ぐれもご賞味戴きたい。

瑞宝産業株式会社
0594ー23ー1646


岡山と言えば桃とマスカットが有名だが、1年ぶりにこれを戴いた。



そう、マスカットよりも高級葡萄として人気の高い『桃太郎葡萄』昨日の岡山教室のテーブルにど~んと置いてあり早速写真に収めてからパクリ。


この葡萄、つぶが大きく良くみると真ん丸ではなく桃のような形をしていて皮が薄く、勿論種無し。
実がパンパンに入っていて口の中に入れ噛むと甘~い果汁がじゅわあ~と、いっぱいに広がり至福の瞬間を味わう事が出来る。


そんな凄い葡萄なので正直値段も高い。
これひとふさで岡山市内のデパートでは5000円ほど、江戸の一流デパートになると8000円もするらしい。
今年の収穫はもう終わりだが、来年は盆過ぎから、『こうもと葡萄園』にて予約を受け付けるそう。



酒ばかり呑んでいるそこのお父さん方(私も含めて)たまにはビールをお休みして葡萄も良いですよ。




お問い合わせは岡山『こうもと葡萄園』


0868ー57ー9618まで


写真は見ての通りのキュウリをもろ味噌で戴くお馴染み『モロキュウ』
しかも料理屋ではなく普通の居酒屋でこのスタイルで出されたから尚更感心した。
あんまり綺麗なのでついパチリ。
実はこれが非常に大事な要素だとこのキュウリが私に言っている。



もうすぐ鹿児島公演、続いて御園座での五木ひろしコンサートと続くが、このモロキュウのように、舞台上に現れたその姿に感激して写真に収められるくらい見映えが良くないとお客の心は掴めない。




過去の五木公演で嫌と言うほど徹底して見映えにはこだわって来たが、良いタイミングでそれを再認識出来た。藤秋会は全国で最もその見映えにこだわる三味線集団だと自負しており、その努力が評価を押し上げて来たと信じている。



それを貫いた事で、大きなリスクもあったが、今ではそれをみんなが理解出来るまでになった。
さあ、皆さんの驚きの顔が今から楽しみだ。女も男も準備は良いか!



決して手を抜くな!
驚きのステージは直ぐそこだあ!!

中京テレビの人気番組『芸能人の名古屋ごはん』が今まで紹介してくれた芸能人が50組になった事を記念して、そのなかで特に評判の良い店を総集編として先週の日曜日夜にオンエアされた。



その中で何と!中華部門のイチ押し店として私がプロデュースする店、名古屋伏見の『上海美食』がただ一店選ばれ再び放送された。峰竜太さんが紹介してくれたが、こちらの名物はピリ辛春雨と甘酢スペアリブ。
しかも単品が1000円以下なので安くて旨い店と評判。



成功の秘訣は相手に利益を与える事。
お稽古でもそうだが、月謝欲しさに小出しに勿体振る様では、弟子はいつまでも育たないし結果組織としても評価されない。
常に相手目線で相手に利益を与える。





キーはその辺にありそうだ!


先日、秋田空港からのフライトが丁度昼の時間だったので少し早めに家を出て空港でランチをとることにした。


入った所が2階の左手奥にある『秋田茶房』と言うレストラン。
さて何を食べようかとメニューを見て目に飛び込んだのがこれ、B1グランプリに輝いた『横手焼きそば』だ!


太麺に玉葱、キャベツ、人参、もやし、などの野菜がたっぷり。
何故か目玉焼きが乗っていて福神漬が添えてある。
オイスターソースの味に目玉焼きの黄身を混ぜて食べるのだが、これが堪らなく旨い!
更に福神漬が主役を見事に引き立てている。


一度食べたらやめられない。
機会があったら是非お勧めしたい逸品だ!



秋田の自宅の近くにこの店はある。



より道居酒屋『歩歩歩』(さんぽ)と言うが近くにありながら気が付かず、初めて入ってみた。



居酒屋とは書いてあるが、小綺麗な小料理屋風で料金もリーズナブル、板前さんが気のきいた事をしてくれたので思わず紹介したくなった。


酒の肴にホッケの焼き物を頼んだら、皮は食べますかと聞かれた。えっ!あまり食べませんがどうしてと聞くと、身を食べたら皮だけで一品造ると言う。
へええ、ホッケの焼き物は大好きなので飲み屋に行くと必ずと言って良いほどオーダーするが、こんな事を言われたのは初めてだ。



身を食べてやがて出て来たのがこれ!
大根おろしと混ぜて何と皮が酢の物として再登場、しかも旨い。
ちょっとした気配りが嬉しくすっかりこの店のフアンになってしまった。



今日から12月、何かと呑む機会が多くなるこの時期、秋田市内の方には是非お勧めの店です



電話は018ー874ー9391



家の近くの自販機で飲み物を買おうとして見たら、あれっ!
何だこりゃー。

『仮面サイダー』と書いてあるではないか。思わず笑ってしまった。

いかにも秋田の人が考えそうな怪しさだと思ったら、ダイドードリンコと書いてある。
と、言う事は全国版かな?


9種類のデザインが有るそうだが、面白いのでパチリ。



岡山教室で訓友さんが、休憩の時、友達が作っているんですと、桃太郎ぶどうなる物を出してくれた。


岡山と言えばマスカットが有名だが、この桃太郎ぶどうは、その形も真ん丸ではなく、桃の様な形をしている。つぶが大きく、皮が薄く、勿論種無しなのでそのまま食べられる。

食べて見たらう~ん甘い!。
確かにぶどうだが、何かの味に似ている。
何だ??そうだ! おもいっきり甘い梨の味に似ている。
ぶどうと梨の甘さを掛け合わせた様な素晴らしい美味しさだ。


機会があったら是非ご賞味戴きたい。


お問い合わせは、

こうもと葡萄園

電話 0868ー57ー9618まで。




長良川の鵜飼いはこの時期、岐阜の風物詩として訪れる人が多いが、先日、訓里(さとり)さんから教室終了後に鮎づくしは如何でしょうかとのお誘いを戴いた。

そう言えば昨年も今頃だったなあ。
何かのコマーシャルで鵜匠が給料を貰って家に帰ったら、すかさず奥さんに取られるシーンに思わず笑ってしまったが、鵜も折角捕ったのを自分では食べられず取り上げられてしまうのだから、可哀相だ。
しかし我々はそれを戴くのだから、鵜に同情出来る立場ではない。

さて、早速稽古終了後にお邪魔した店が岐阜市元住町に有る『落柿舎』と言うお店。
しっとりした雰囲気で調度品も厭味が無く落ち着いていて、良い店だ。

鮎づくしを戴いたが、やっぱり鮎は塩焼きがシンプルで一番旨い。
来年の5月に訓里会は15周年記念コンサートを計画しているそうで、丁度鵜飼いが始まる頃。
鮎を肴に、打ち上げの美酒が今から楽しみです。


御馳走様でした


夕べ、姫路で食事に行ったらこれが出た。
そう言えば名前は聞いた事があったが22年も姫路に来てて、食べたのは初めて。

『明石焼き』と言うそうだが、タコ焼きを半分に切った様な感じで、ちゃんとタコが入っている。
卵ベースでタコ焼きをもっと上品にした様な味、だしで戴くがその味がまた良く、本体の味を更に引き立てる。

オススメの一品


八ツ橋と言えば京都を代表する銘菓として名高いが、昨日大阪教室でお茶うけに頂いたのは、チョコレート八ツ橋。

珍しいのでどうぞと言われて食べてみたら、皮がチョコレート味で、中のあんこはチョコレートそのものだ。
これだったら子供さんにも受けが良いかも?京都に旅行に行った際には、お孫さんのお土産に喜ばれると思います。

ただ、余り沢山食べさせると虫歯になるのでチョコっとにした方が良いかも。



馬鹿な事を言ってる場合じゃ無い。
公演まであと42日。

テーマ:四季の和菓子達
ジャンル:グルメ


訓京会の稽古にお邪魔した際、米原の方がお茶うけにと持参したドラ焼きに『たねや』と書いてある。
たねや?面白い名前だねと聞いたら、滋賀県では超有名な菓子屋さんだと言う。

特に此処のバームクーヘンは有名でいつも長蛇の列が出来ていて名古屋駅JR高島屋にも入っていると言う。
あっ!そう言えば名古屋駅に行くといつも列が出来ているのを思い出した。
何だろう?と近づいて見たら、お菓子屋さんなんだとは思っていたが、まさか此処で繋がるとは。

そして、何と私は知らず知らずにこのたねやの超有名バームクーヘンを食べていたのだ。岐阜の訓淑さんのお宅で稽古した際に、お茶うけに出されたのが、写真のバームクーヘン。

彦根城近くにある有名な菓子屋さんの物だとは聞いたが、その時は、へーと言う感じでさして気にも止めていなかったが、食べたら凄く美味しいので、成る程有名なだけあるなあとは思っていた。

あまり美味しいと言ったせいか半分残ったのを、訓淑さんが帰りに持たせてくれて、我が家には労せずして、たねやの超有名バームクーヘンが、同居する状態に成ったのです。

いずれにしろ、人が並んででも買いたい物にはそれだけの理由があり、たねやのバームクーヘンには充分に並ぶだけの理由が有る味だと思いました。
藤秋会の公演も是非こうで有りたいと思います。



皆さん頑張りましょう

テーマ:お菓子
ジャンル:グルメ
100207_194835.jpg
鹿児島と言えば、黒豚のしゃぶしゃぶ、
こちらでは、牛よりも豚を良く食べる。

夕べお邪魔した店は、鹿児島市内でも有名店で、名前が『いちにいさん』と言い、蕎麦つゆに葱と柚子胡椒をたっぷり入れて頂けば、天下一品、この上無い旨さだ。

くどく無く食べやすいので結構、量も食べられる。
色々な店に連れて行って貰ったが、やっぱりこの店が1番。


ご馳走様でした

テーマ:美味なるもの
ジャンル:グルメ
先日スダコの話をしたが、昨日トヨタ教室に行ったら何と熊本でも正月にあの赤いタコを食べると言う。
師範の訓道さんは熊本の出身で毎年正月になると実家から樽で送って来るそうだ。

多分想像するにはその昔、北前船が往来していたのでその船によって食文化もお互いに伝わったのだろう。
現に鹿児島では寂しい事を『とぜんね』と言うそうだが、この言葉を聞いた時思わず、えっ、今何と言った?と聞き返してしまった。
実は秋田でも同じ言葉を同じ意味で使うのだ。
これには驚いたが、その他にも同じ言葉がいくつかある事を見れば、両県の交流が有った事が想像出来る。

また、青森民謡の津軽あいや節は鹿児島ハンヤ節が北前船により北上して島根の浜田節から佐渡おけさ、山形に来て庄内はえや節、秋田の大正寺おけさ。そして津軽あいや節に変化したとの説も有るし、秋田市に土崎港が有るが、此処の地域には、能登谷、加賀谷、越前屋、越後谷、 越中屋等の名字が多い事からして多分この方々の先祖は北前船の往来により何かの縁で北陸から移り住んだとも言われている。

ともあれ赤いスダコが秋田から遥か遠い熊本でも食べられている事は判明した。

20100108074240
正月気分もそろそろ終りだが、秋田では昔から正月の食卓にはこれが欠かせない。
スダコであるが、皮の部分を赤く色付けして有る。

どうしてかは定かでないが、多分、身の部分は白いので紅白の縁起物を演出する為にそうしたのだろう?
秋田ではこれが出るとああ、正月が来たなあと実感するのであります。

我が家ではこれに、長芋の千切りとほうれん草のおひたしが付くのですが、この組み合わせが絶品なのです。

名古屋では見た事が無いのですが、西日本にも有るのでしょうか?

20091220091447
『ホワイトアスバラ』と言えば北海道でしょうと思われているが、我が秋田にその本家をはるかに凌ぐホワイトアスバラが有る。

先日の世界一の高級納豆、二代目福治郎納豆と同じ場所、秋田県横手市大雄でそのホワイトアスバラは作られている。

生産者は斎藤好(よしみ)53歳、手間隙が半端では無くその生産には大変高度な技術を要するそうだが、此処のは北海道のに比べると歯ざわりが良く断然甘味が違う。

何とその素材の良さから東京のミッシェランの三ツ星レストランでも使われているという確かな品。

是非一度ご賞味有れ。
0182ー52ー2638

テーマ:イタリアン
ジャンル:グルメ
20091219140346
20091219140345
秋田民謡に秋田音頭と言う唄が有るが、その歌詞に能代春慶『桧山納豆』大館まげわっぱと有り、昔から秋田の納豆は有名だった様だが、ご紹介するのは、世界一の高級納豆として今大ブレイクしている秋田県横手市大雄に有る『二代目福治郎納豆』だ。

厳選された最高の国産豆100パーセント使用、丹精込めて昔ながらの伝統の手作りで仕上げた逸品で全国放送や韓国のテレビ局も取材に来たと言う。

世界一高級納豆をうたっているだけ有って、一つ300円から500円と高いが、不況で何処もかしこも安売り合戦が繰り広げられている昨今。本当に自信を持てる物を作り付加価値を高めれば必ず売れると言う信念がこの納豆に込められている。

一度お試し有れ

二代目福治郎納豆
0182ー52ー3070

テーマ:お取り寄せグルメ
ジャンル:グルメ
20091013163055
20091013163053
これは美味いぞ。
昨日トヨタ教室に合流した、瑞穂藤秋会の訓弘さんが差し入れしてくれた『鮎太郎』
魚の鮎を型取った、外皮がドラ焼きの皮の味に似ている。

富山県にも同じ物が有って美味いが、何と言っても岐阜の方が鵜飼が余りにも有名なせいか、こちらが美味しい気がする。

私はこの中に入っている餅に似た、あん『ぎゅうひ』と言うらしいが、これが大好きだ。本物の鮎よりも好きで毎日でも食べたい。

全国の皆さんにご紹介したい岐阜を代表する逸品です。

有限会社、香梅
電話 058ー271ー6336

090830_151556.jpg

只今、薩摩藤秋会、ティータイム。

これは美味い。
名前は、『けせんだんご』と言う。

ニッキの香りがする。
よもぎと米粉と小麦粉で作った、余り甘く無く、大変美味しい。

鹿児島においでの際は、是非ご賞味を。