藤秋会本部TOP  藤秋会日本一賞歴  藤秋会海外公演  藤秋会家元とは?  プロ集団IWAKI  藤秋会公演実績  全国藤秋会MAP
★津軽三味線『藤秋会』家元★加藤訓の公式ブログ ★加藤訓「家元が行く」
3月20日に名古屋の芸術劇場で行われる藤秋会40周年記念公演にて向けて各地で追い込みに入ってるが、昨日は秋田から参加する皆さんの合同稽古。
全曲を3時間半かけてみっちり稽古。






初参加の方が4名いて、皆さん今から期待で胸一杯、稽古にも熱が入ります。
今年は全国的に暖冬、このまま行けば公演が行われる3月20日、名古屋は桜満開かも?




公演を無事に終えて更に花見が出来れば万々歳ですが、さて?

昨日みちのくの小京都として全国に知られている仙北市角館で、昨年の12月、日本郷土民謡協会全国大会民舞グランプリの部門で内閣総理大臣賞に輝いた、秋田仙北会の祝賀会に招かれ出席した。






仙北市は日本一の深度を誇る田沢湖を有し、みちのくの小京都として武家屋敷がそのまま残る歴史ある町。
この角館町は400年前から受け継がれているお祭りが9月7 8 9の3日間行われ、その山車に地方(じかた)とかすり姿の踊り子が乗り華やかに踊る、それも若い娘さんだけ。






この地方はこの祭りに出るために幼少の頃から手踊りを習う、その伝統が今回の優勝に繋がった大きな要因だろう。


素朴で素晴らしい手踊りに改めて伝統の素晴らしさを感じたひと時でした。

地球温暖化による異常気象は年々猛威をふるい、昨年も各地に大きな災害をもたらした。

その影響かは定かではないが、今年の暖冬は毎年雪に苦しめられてる我が秋田にとっては、概ねありがたいことである。
正月に雪がなくゴルフ場がオープンした事も過去に記憶はあるが1月も20日を過ぎて雪が無かった事は記憶に無い。

確かにこの時期にスキー場などは致命傷だろうが、市民生活ではとてもありがたいことで、まして高齢化率ワースト1の秋田にとっては歓迎すべき事である。
例年だとこの時期高齢者が雪下ろしで屋根から落下し死亡する事例が何件かある。

昔は11月半ばから3月一杯まで雪に覆われ仕事を求めて余儀なく出稼ぎに行かざるを得なかったこの地は、一家の大黒柱の父親のいない母子家庭で誠に寂しさつのる、吉幾三の歌う、演歌、津軽平野そのものだった。


雪から解放される日が秋田に訪れるとしたら、もっと秋田も明るくなりそうだがさて?
間も無く旧正月を迎えるが、横手のかまくらや湯沢の犬っこ祭りなどは雪が無いと出来ない行事であり、今年の旧正月は頭の痛い祭りになりそう。


今朝もあまり寒くない。

昨日から国会が開催され問題議員も登院したとのワイドショーを視て思った。

不祥事で大臣を辞任して3ヶ月も休んでおきながら、ボーナスも含めて多額の歳費をいただくのはおかしいと誰もが言ってる事で、それだったら何も仕事をしてないんだからそれを国庫に返納すれば良い話だと思うが、何とこれが公職選挙法で出来ないと言うから、何とも呆れた話だ。

国から支給される歳費は国民の血税であり、そこから仕事もしない人に払われた物を国に返すのが駄目だと言うのだからさっぱり意味がわからない。
一般論で申し上げれば、依頼された仕事を履行しないで相手からそれに対しての報酬を受ければおそらく詐欺罪に当たるはず。
この案件はこれに当たらないのか?

以前もブログにしたためたが、議員は特権があり過ぎて誠に自分達に都合よく出来ている。
訂正されたとは言いながらお手盛りの議員年金に領収書の要らない文書交通費毎月100万円。
公共交通機関の無料パス、国会議事堂診療所での無料診療、薬の無料提供などなど。

そもそも、今まで普通の生活をしていた方が地方議員も含めて議員になった途端に皆さん先生と呼ばれる。


八百屋の親父さんが比例で当選して国会議員になった例があったが、昨日まで『親父、負けてよ、おお、これでどうだあ』なんて言って人が急に議員になってどうして先生なのか意味がわからない。
選挙の時は土下座してお願いしてた人がバッチをつけた途端先生である。
一体何の先生?
だから呼ばれた方も勘違いする。




しかし、待てよ。
そう言う私もその様に呼んでいるなあ。



これは考えないといけない。
人間勘違いする事は良くあるがこの勘違いはしてはいけない勘違い。


自戒を込めて反省致します。



いつもだと年末で終わってる孫弟子総見も、昨年は協会全国大会が12月に行われた事で日程が取れず、12日の訓音会、訓京会に続いて昨日、三重訓峯会の総見を行い孫弟子を指導。
会場は昨年と同じ津市の都ホテルで。








40周年記念公演まで二ヶ月と迫り、皆さんの眼差しも真剣そのもの、みっちり4時間の稽古はハードで終わってみるとかなり疲労感が伺えたが、終了後の懇親会では訓峯会の和気藹々、和やかで楽しい雰囲気に疲れも一気に飛んでしまいそうでした。








今日で本番までちょうど二ヶ月!!




いよいよ近づいて来ました。

1月17日、あれからもう25年も経ったのか。
そう思えば月日の経つのは本当に早い。

1週間後にここを通ったらこんな状況にただただ言葉を失い、自然の凄さを目の当たりにしたのを昨日の事の様にはっきりと覚えている。






それにしても日本は災害が多い。
これでもか、これでもかと次々と襲って来る。
しかしその都度立ち直る。


あの敗戦から世界が目を見張るスピードで復興し、アジアで初めて夏のオリンピック2度目の開催は日本人がいかに凄いかを物語っている。


奇しくも今日はその神戸を通過、そっと手を合わせる。

協会の全国大会が会場の都合で12月にずれ込んだ事でそちらに日程が取られ、それまで年内に行っていた孫弟子総見が出来ないところがあり、訓音会と訓京会を昨日行いました。






3月の40周年で演奏する曲目を3時間かけてお稽古し、曲目ごとの課題を指摘でき有意義な稽古が出来ました。

その中で初めて会った小学6年生の工藤遼駕(りょうが)君に注目。
面構えが実に良く、ハキハキとした受け答えに礼儀正しく、バチ捌きも良く三味線に対する熱意も感じられる。








訓京会には津軽三味線、大阪大会、滋賀大会を制した京泰がいるので、身近に手本があり期待出来る。




次に会うのが楽しみだ!

大分ご無沙汰をしてますが、正月1週間は自宅に缶詰で、40周年公演準備、お稽古をこなして上京、執行部会議を経て昨日は、帝国ホテルで日本民謡協会の賀詞交換会に招かれ出席しました。








出席者は430人ほどで、全国から代表者が集いとても賑やかな会になりました。
その中で感じたのはやはり高齢者が多い事。

華やかに着物を着ているので目立ちますが、若い人は数えるほどで、ほとんどは高齢者、それも後期高齢者が圧倒的に多い。
これが日本の民謡界の現実!
わかっている事とは言いながら些かショックでした。


しかしながら当然こちらの組織、日本郷土民謡協会も全く同じで、頭の痛い問題だがそんな中でも来月行われるこちらの創立記念祝賀会は、申し込み者殺到で会場に入り切れなく、日々の申し込みをお断りしている状況。


皆さんに思いっきり喜んでいただける様な会にしようと張り切っています。



創立記念祝賀会は来月5日、東京ドームホテルで開催致します。

新年が明け世間ではいよいよ今日から本格始動。
藤秋会40周年記念公演まであと二ヶ月あまり、年が明けると正に直ぐそこに迫ったと言う感じ。

過去の公演だととっくに終わってた演出も協会の仕事に追われ、伸び伸びになっていて気持ちは焦るばかり。
正月休みに何処へも出かけずこれまでの映像確認や準備をして、やっとの事で昨日30年お世話になっている牧村舞台監督と午後から詰めてひと段落。

何しろ会場の芸文が改修により、それまで使えてた機構が大分制限されているので転換が以前より難しくなった。

平成二年に東洋一を誇ると言われた愛知芸術劇場は、本舞台の他、上手とパックステージ、三面の舞台が自在に動く仕組みになっており、大合奏をやる藤秋会としては転換がしやすくてこの上ない舞台だったが、その機能を使い熟す本格オペラなども減り、そのままにしておくと維持費用が嵩むので、昨年の改修で使用頻度の少ない物は稼働出来なくなった。

とは言っても普通の舞台は一つしか無いのが当たり前のところ、バックステージはそのまま残されたので、それだけでもありがたい。






二ヶ月なんてあっという間だ。
これからは会員のスキルアップをするために会員には死に物狂いで稽古に励んでいただきたい。


何しろ民謡界で全国一高い料金をお客様が払って来てくれるのだから。




さあ、藤秋会の皆さん、エンジン全開で行きますよ!!!

新年明けましておめでとうございます。
本年も何卒宜しくお願い申し上げます。

今年の最大の目標は40周年記念3月20日の『夢舞台藤秋会2020』










先ずは藤秋会の総力を結集して公演の成功に向けて頑張ります!
そして今年はトップを努める(一般財団法人)日本郷土民謡協会の創立60周年の記念の年。
こちらも各行事を記念年にふさわしく飾れる様頑張ります。

既に各地区連合大会や外部団体からの要請でカレンダーが埋まって来ました。
今年も忙しくなりそうですが、自分に与えられた使命をしっかりと受け止め頑張ります。

皆様、何卒本年も変わらぬご支援御鞭撻をお願い申し上げます。

新しい時代令和元年も今日で終わりです。
この1年藤秋会にとっては、来年の40周年記念公演に向けた充電期間として穏やかな年となりました。

個人的には日本郷土民謡協会理事長としての職務も3年目をむかえ、役員のお力添えをいただきながらまずまず無難にこなせたと思っております。

少子高齢化による民謡人口の減少をどの様に乗り切るかが今後の大きな課題ではありますが、皆様の英知を結集してこの難局を乗り越えて行きたいと思ってます。
今年も大変お世話になりました。

























どうぞ皆さま、良いお年をお迎えください。



昨日の姫路で今年最後の出稽古が終了しました。
平成元年1月からスタートした姫路教室も丸31年。

今は改善した花粉症が酷すぎてと、思い出せないが何かの原因でつごう3回休んだが公演等で一月に2回来た事もあるので31×12でトータル372回姫路に通いました。

途中大きな事もありましたが、姫路の方々の優しさに支えられながら、今日まで来られた事に心から感謝です。
31年前に観た世界遺産の姫路城は平成の大改修を終えて今日もど~んと構えてます。








この城からも大きな勇気をいただきました。
今年も無事に稽古終了、今年お世話になった全ての皆さんに感謝です。




少しゆっくりしたいです。

昨日、高岡から富山駅に戻り、高速バスで高山に向かいましたが、チケットセンターで、高山まで高速バスでと、カウンターで言ったら、何と!最後の1枚ですと言われ、ラッキーだった。






平日にもかかわらず外人の観光客とおぼしき皆さんで満席。
途中の白川郷で殆どが降りたが、そこから高山に行く外人でまた満席。
世界遺産なので流石にその人気は高い様だ。



さて、私はホテルにチェックインし、平日なので6時40分から、訓成会のお稽古。








40周年の仕上がりをチェックさせていただき、終了後にグリーンホテルで忘年会。
こうして全国を歩いてチェックし、それを組み合わせて一つの形に組み上げ数々の公演をやって来た。

公演が成功する事を頭に描いて手を抜かず、皆さんもそれに応えてくれたから今がある。


公演まであと3ヶ月を切った。
会員一人一人がその思いを共有して大成功を目指したい。



富山教室から昨日は高岡教室今年最後のお稽古。
富山県に教室を開設したのが昭和57年5月ですからもう足掛け38年目、年が明けると39年目になります。
私はまだ20代でした。

藤秋会の歴史は富山の会員無くしては語れません。
皆さん良くここまで頑張ってくれました。
忘年会では富山を代表する民謡、麦屋節や越中おわら節の唄と踊りも出て、歴史を遡りながら楽しい会になりました。





3月の40周年も富山の皆さんが大きな力になります。


今年もお世話になりました。

昨日東京から富山に移動するのに土曜日な事を忘れていて、午前中で空いてるのは11時30分のはくたか、グランクラスしか空いてない。


あちゃー、うかつだった。


グランクラスとはグリーン車の更に上のクラスで、飛行機で言えばファーストクラスの様な最上級の座席。
今まで乗った事はなかったが教室の開始時間があるので奮発して初めて乗ったが、流石に違う。











座席は総革張りでグリーンは横二席、二席の四席に対してグランクラスは二席と通路挟んで一席の三席。
椅子の広さはグリーンとさほど変わらないような気がしたが、前の席との間隔と足元はからり広い。

それと綺麗で如何にも品の良さそうなコンシェルジュが二名いて、おしぼりから飲み物や軽食のサービスをしてくれる。

勿論無料。


値段はグリーンよりも高いが、その分、極上のサービスを提供してくれるのでその価値は充分にありそうだ。


何事も経験、世の中上には上があるものだ。

昨日午前中に東京北区滝野川会館で執行部会議を行い、午後から第59回郷土民謡民舞全国大会で役員を務めてくれた皆さんの反省会を行い、その後に忘年会を行いました。

皆さんからは事故無く、多くのお客様のご来場を頂き、近年では最も素晴らしい大会になったとの評価でした。
いくつかの注意点や今後の要望はありましたが、それを5月同じさいたま市民文化センターで行われる、春季大会に生かしていきたいと思います。


役員の皆様のご苦労に改めて感謝致します。


大変お疲れ様でした。

昨日幹部の稽古の後、お馴染み、伏見の中華、上海美食で忘年会。
今年も皆さんのリクエストにより中華火鍋。
値段によって当然ながら具材は変わるが、店長の孟さんは最高の具材を揃えてくれた。














海鮮は松坂屋の高級あんこう、イカに車海老、牡蠣、ホタテ、肉は牛肉にイベリコ豚、そして野菜盛りに練り物も4種類等々。
全部で10何種類の食材に皆さん今年も大喜び。


日本の鍋料理も良いが、冬は何と言ってもこの中華火鍋に勝る物はないと自負できる。


今日は上海美食のコマーシャルでした。


皆さん是非一度ご賞味下さい。

今年最後、105回目の泰山会が昨日私の店、天山で行われました。





参加者は17名、スリランカの前の大統領の親戚のインディカさんが初参加、その場で現地の大臣に電話してその人脈にビックリ!

またもうひと方初参加の鬼頭さんはお母様が秋田のご出身とあって意気投合、大変楽しい例会になりました。
既に皆さんには3月20日のチケットの予約を頂いてますが、さらに10枚の注文をいただき感謝、感謝です。

こんなきたない店なのでどうぞもっと良い店でやって頂ければと思いますが、皆さん天山が良いと言ってくれ、何と105回も続いています。


人の御縁に改めて感謝です、


泰山会の皆様、今年もお世話になりました。

9月28日に行われた公益財団法人、日本民謡協会主催の今フェス2019の模様が、15日NHKでオンエアーされた。
私はその日は日本民謡協会の全国大会の審査を務めていたので視れなかったが、審査員として紹介されていた。





この大会は全国津々浦々で行われている〇〇節全国大会優勝者の中からテープ審査を経て最終的に33名で優勝を競う正しく民謡日本一を決める大会。
この大会の審査に加えて頂いた事は非常に名誉な事である。


全国の民謡愛好者やファンが視ているはずなので個人的にはかなりのアピールになったと思われる。


立場に恥じぬよう頑張りたい。

令和元年、日本民謡協会主催の民謡民舞全国大会が品川のきゅりあん、品川区立総合区民会館で行われ、楽日の審査員を務めさせていただきました。











郷土民謡協会とだぶって入ってる方も多くいて、歩くとあちこちで声をかれられます。
今日は小池都知事も挨拶に来られ皆さん大盛り上がりでした。


他団体に行くと色々と勉強になる事が多いです。
数々の素晴らしい唄と踊りに接して大変幸せな1日でした。

全国大会楽日の小学生グランプリで見事に優勝した北海道千歳市の小学2年生、近藤佳星さん。




一昨年の北海道地区連合大会で。


この子を私は一昨年から注目しており、とんでもない子が現れたなあと思っていました。
その時はまだ幼稚園生。
今年4月に北海道地区連合大会で再会。
何とその時から更に進化して素晴らしい唄を歌ってた。

今回の小学生グランプリを楽しみにしてたが、更に、更に上手くなっている。
秋田でも子供達のレベルは全国屈指だが、この子は頭ひとつ前に出ている。

まだ2年生だ。
いったいこの子は将来どうなってしまうのだろう。


あまりにもすばらしいので急遽40周年記念公演に入れた。


人気を一人でさらってしまうかも知れない。


こうご期待を。

我が家に優勝旗が帰って来ました。





何回優勝したのかなあ?と数えてみました。
常勝、小山会を倒して初優勝したのが昭和63年、そして平成元年同じく小山会に挑んで二連覇、

平成3年、5年、7年と勝ち、9年から18年まで10連覇!
次の年は遠慮して出場せずお休み。

20年から24年まで5連覇して武道館で通算20勝、協会初となる団体技能最優秀賞を受賞。
25年は遠慮して出場せずお休み。

そして26年から今年まで6連覇。
今思うと他団体に気を使って休みましたが、休まなければ20連覇も夢ではなかった。
勿体ない事をしました。


こつこつ頑張って来たら通算26勝、大臣賞26回受賞。

頑張ってくれた皆さんに感謝です。

多くの皆様のおかげで全国大会も無事に終わり、もう少しその話題にしたかったが、国会が閉じたタイミングで一言言わせてもらう。

【隗より始めよ】という言葉があるが、この意味は事を始めるにはまず言い出した者から始めなさい、率先垂範の意味だそうだ。
国会では桜を見る会の問題で連日わぁわぁやってたがどっちもどっちだ。

自民党も苦しい答弁で逃げ切ろうとしてるのがありありだし、野党は野党で相手の敵失をこの時とばかりに躍起になって追求してるが、自分たちの政権の時も突いたら似た様な事が出て来るのは明らか!
それはそれで国民の血税を使っている以上、良い加減な支出をされているとすれば許される事ではない。


しかしちょっと待って下さい。
貴方達議員の歳費、いわゆる給料は、全て国民の税金で支出されている事を忘れてもらっては困るのだ。
想像以上に一般の国民より優遇されており、殆どの移動はただ、しかもグリーン車だし、地方議員に至っては月に4往復飛行機代がただなのである。
その代金は全て国民の税金で負担している。

先日ボーナスが支給された様だが、大臣を辞任して丸々一月仕事をしないで休んでる人が丸々給料を支給され、ボーナスは一般国民が殆ど貰えない様な額を貰っている。

休んでる夫婦の女性議員は7月に初当選してまだ半年だが、休んでる理由の診断書は、適応障害だそうで、適応出来ない様な人は国会議員には向いてないという事なので、さっさと辞めて貰いたい。
昨日のワイドショーでやっていたが、新しい参議院宿舎の家賃は相場の4分の1だと言うから、おいおい、国民にはもっともらしい事を言うが、これはどの様に説明するの?と聞きたい。
選挙の時は土下座をして投票をお願いする人が当選後は途端に偉そうに振る舞うのは、議員資格以前の、人としての素養に欠ける。

そして先日のワイドショーに出ていた前衆議院議員の証言として、議員は国会内の診療所で受信した場合の医療費は薬も含めて全部ただだったそう。
高齢者の医療費負担を上げようとしている側の人が自分達はただである。

これ大分おかしくはありませんか?

【隗より始めよ】は国会議員の先生方に贈る言葉ですね。

全国大会3日間の日程を無事に終わり秋田に帰って来ました。


久し振りの我が家はやっぱりほっとします。
さて藤秋会十八番の器楽合奏はおかげさまで今年も優勝する事が出来ましたが、正直ハラハラでした。





演奏自体はまずまずでしたが、尺八マイクのボリュームが強く三味線の音圧が少し消されてしまいました。
それと後に出てきたチームが若手揃いでとても纏まった技術の高い演奏でしたので、ああこれはもしかしてまくられたかな?と思いましたが幸いにして審査員は藤秋会に軍配を上げてくれました。


今回は、秋田、宮城、東京、静岡、愛知、岐阜、三重、富山、兵庫、愛媛、鹿児島、宮崎からのメンバーで56人。
物理的に事前に集まっての音合わせが出来ないのでぶっつけ本番です。
他のチームは同じ地域からなので何度も練習してきた事でしょう。


藤秋会は毎回これで優勝してきたのですから、凄い事ではありますが、勝つ事を当たり前だと高をくくってるとそのうち必ずやられます。


油断大敵!  驕る平家久しからず。栄枯盛衰。


初心にかえり頑張らないといけませんね。

無事に事故なく3日間を終了致しました。

昨日は天候にも恵まれ多くのお客様のご来場をいただき大いに盛り上がりました。
津軽三味線六段の大合奏も460名の圧巻の演奏にお客様も大喜び。






そしてこの大会のハイライト、各地区連合会の代表が内閣総理大臣賞を競う民謡グランプリ部門は、同点で並び今大会初めての同点決勝を行い、見事に総理大臣賞を射止めた方は、北海道地区連合会の代表の井村智恵さん。








破れたとは言え岩手地区連合会代表の鳴海みよさんの唄もそれはそれは素晴らしい唄でどちらも優勝を与えたい気持ちでした。
藤秋会も器楽合奏で優勝し、経済産業大臣賞をいただきました。










さあ、これからは藤秋会40周年記念公演、夢舞台2020に集中です。


皆さん本当にありがとうございました。


そしてお疲れ様でした。